安全帯について

安全帯比較ガイド

安全帯比較ガイド TOP > 安全帯について

安全帯について

安全帯とは、高いところで作業する人の墜落を防ぐためのベルトです。

安全帯は命綱なんていう言い方もありますよね。

高いところでの作業はとても危険でありますが、私たちの知らないところで誰かしらが作業をして支えてくれているということです。

労働安全衛生法では、事業者が墜落する危険のある場所で労働者に作業をさせる場合に危険を防止する措置をとらなくてはならないということが定められています。

高いところの作業に置いては、二メートル以上のところでの作業から足場を組むことが定められていますが、この足場を組めない場合は防網をはって、労働者に安全帯を使用させることを求めています。

様々な高所の修繕、修理、清掃などの作業は多くあります。

そして、誰かしらがそれを請け負わなくてはなりません。

危険な箇所の作業に対して、事業主は安全を確保し、できる限りの不安と危険を取り除く義務があるということです。

安全帯は基本的にロープと、指示物に固定するフック、墜落時の人体保持のベルトから構成されています。

安全帯には色々な種類があり、一本吊り専用の胴ベルト型、ハーネス型、傾斜面用、垂直面用があり、U字吊り専用、一本吊り専用とU字吊り専用兼用などがあります。

良カテゴリ

サイトプロフィール
運営者イメージ

安全帯が守ってくれます!

今月のオススメ↓
社団法人岩手県管工業協会
copyright 安全帯比較ガイド All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。